セールス&マーケティング
価格を定め、商談の命運を左右する

2012年 入社
文学部 史学科

営業やマーケティングという立場から社会を支える仕事がしたいとBtoBのメーカーを志望。広義のものづくりに興味を持ち、IT系、素材系、部品系などの企業を検討した。中でも半導体は社会における重要性が高く、ルネサスは半導体市場で高いプレゼンスを発揮しているところに魅力を感じた。また、就職活動当時はルネサスの組織が大きく変動している時期であり、新しい文化の中で働けるところにも興味を持った。

私の仕事とミッション

製品の販売戦略において価格設定はきわめて重要です。私の所属する汎用MCUタクティカルマーケティング部は、汎用MCUの価格見積もりを主な業務とし、製品の販売戦略を検討する部署です。私は担当する製品の価格を商談ごとに検討することに加え、半年に1回の価格表の発行に伴って、現在の価格の妥当性の分析と価格見直しも行っています。また、新製品をリリースする際には、自社製品のポジショニングや競合製品の価格と比較しながら価格を決定します。決定した価格は、商談と利益水準に直接的に関わるため、非常に影響力の大きい仕事だと言うことができます。その上、業界内の製品動向は非常に早いため、わずか数日で価格を見積もるスピード感も求められます。多岐にわたる要素を検討しながら適切な価格を定め、中長期的な利益を確保することが、私たちに課せられたミッションです。

この仕事の醍醐味

タクティカルマーケティングとして価格見積もりを行っていると、競合企業の情報や担当製品の価格トレンドなど、世界中から多くの情報が私たちのもとに集約されます。膨大な情報を常にアップデートさせながら価格に反映していくのは仕事の難しさでもある一方、価格の見積もりを通じて業界の最新動向を知ることができるのは、大いに好奇心を刺激されるポイントです。半導体業界はもともと変化の大きな業界ですが、特に近年は世界中で半導体のニーズが伸長しており、当事者として最新の動向に触れられる点は個人的にも魅力を感じています。製品の最終的な価格は自分以外の関係者も含めて決定されるとはいえ、ルネサスでは社員一人ひとりに与えられた裁量が非常に大きく、自分の決断が商談を左右する大きな影響を与えるところに、責任感とやりがいを同時に感じています。

これからの成長

モノづくりと言えば理系のイメージが強いかもしれませんが、ルネサスにおいては、文系の人数が少ないがゆえに、若い時期から課長級だけでなく、部長級や事業部長級の方々と接する機会も多く、価格見積もりのような"尖った"専門性も持つことができます。私は文系でありながらモノづくりに関わりたいという思いから当社に入社しましたが、思い描いていた以上の仕事を経験できていると感じます。入社当初は、マーケティングだけでなく営業にも興味を持っていましたが、現在はタクティカルマーケティングの仕事を続けて、先輩たちと並ぶ知見を身につけ、やがてはMCU全体を見ることができる人材になりたいと考えています。

募集要項
採用データ・応募フロー
留学生採用情報
よくあるご質問
説明会・セミナー情報
人と仕事を知る
職種紹介
社員インタビュー
インド駐在社員
アメリカ駐在社員
女性社員の活躍 留学生
女性社員の活躍 子育て支援
ルネサスを知る
会社紹介
社長メッセージ
人材育成への取り組み
福利厚生
事業所紹介・地図
お問合せ
03-6773-4001
saiyou@renesas.com
トップへ戻る