サプライチェーンマネジメント
IPの調達でコスト削減と利益拡大に貢献

2016年 入社
外国語学部 ポーランド語学科 卒

学生時代はポーランド語を専攻。留学先のポーランドでさまざまな日本製品が使われている様子を目の当たりにし、日本の製造業に興味を持つ。就職活動では大手総合電機メーカー等を中心に検討していたが、ルネサスの会社説明会に参加し、あらゆるものづくりの源流に半導体があることを知る。企業研究をさらに深めるうちに、ルネサスが日本を代表する半導体メーカーであり、最先端の技術で未来の社会を創造できる可能性のある会社だと感じ入社を決意。

私の仕事とミッション

当社のサプライチェーンマネジメント統括部では、製品を開発・設計・製造するうえで必要となる資材を社外から調達する役割を担っています。その中でも私が担当しているのは、IP(Intellectual Property)と呼ばれる半導体の機能ブロックのライセンス調達業務です。IPベンダーと呼ばれる国内外のさまざまな企業が保有しているIPから最適なものを選定し、自社で使用するためのライセンス契約を結んでいます。具体的には、製品開発部門にヒアリングを行い、開発プロジェクトの全体像を把握した上で必要なIPを選定、最適な取引先から最適な価格・タイミングで調達を行うことで開発コスト削減と利益拡大をめざします。近年、半導体の技術は加速度的なスピードで進化しており、IP活用なくして半導体メーカーがビジネスを展開することはほぼ不可能です。当社においても、開発期間の短縮やコスト削減の観点で、社外から最適なIPを調達しています。

この仕事の醍醐味

当社側とIPベンダー側、両者のニーズや都合を擦り合わせつつ、双方にとって最良の形で契約を締結することは簡単ではありません。特にコスト削減が見込めないケースや契約条件で折り合いがつかない場合は、契約交渉に想像以上の時間がかかることもあります。また、一度に複数のプロジェクトに関わる場合は、刻一刻と変わる各プロジェクトの状況を把握して対応する必要もあり、上司や先輩の力を仰ぐ場合もあります。それでも自分自身の交渉次第で、コストの削減額が大きく変わり、会社の利益増大に貢献できた際には大きな達成感とやりがいを感じることができます。入社から約1年半が経ち、私は現在までに50弱のIPを買い付けていますが、私の交渉によって1億9000万円のIPを1億3000万円まで削減できたこともありました。上司や先輩からも「よくやった」と評価され、会社に大きく貢献できたという実感があり、本当に嬉しかったですね。

これからの成長

今後はこれまで以上に海外企業との取引が増え、自社海外部門を巻き込んだプロジェクトも増えていくと予想されます。これまでの経験で身に付けた語学力やオープンマインド、さらには交渉・折衝における粘り強さを強みとし、当社とIPベンダー双方に利益をもたらすような調達に挑戦し続けていきたいと考えています。また、当社は車載向け半導体の分野で世界シェア上位を走り続けていますが、あくまでも最終的な目標は明確な世界No.1の地位です。私自身、当社を世界トップに押し上げるような仕事ができる人材になりたいと思いますし、世界中のどんな部門でも活躍できるようなビジネスパーソンをめざして成長していきたいと考えています。

募集要項
採用データ・応募フロー
留学生採用情報
よくあるご質問
説明会・セミナー情報
人と仕事を知る
職種紹介
社員インタビュー
インド駐在社員
アメリカ駐在社員
女性社員の活躍 留学生
女性社員の活躍 子育て支援
ルネサスを知る
会社紹介
社長メッセージ
人材育成への取り組み
福利厚生
事業所紹介・地図
お問合せ
03-6773-4001
saiyou@renesas.com
トップへ戻る