デバイスエンジニア(アナログ製品開発)
IGBTの性能を最大限に引き出す

2014年 入社
理学部 物理学科 卒

結晶物理研究室でナノ粒子の構造解析を行い、就職活動では素材メーカーや半導体メーカーを志望。ルネサスで働くOBと出会い、自分の仕事を楽しそうに話すところに興味を持った。ルネサスは車載マイコンの分野で世界一のシェアを誇り、実績と技術力を併せ持つ日系の半導体専業メーカーであるところに魅力を感じて入社を希望した。

私の仕事とミッション

パワーデバイスの開発・設計を行う部署で車載向けIGBT(Insulated Gate Bipolar Transistor)のカスタム設計を担当しています。IGBTは電気自動車やハイブリッド自動車の走行用インバータや電動コンプレッサ用のインバータを制御するための素子であり、IGBTの性能は車の燃費性能に大きく影響するため、低炭素社会をめざすうえで今後のシェア拡大が見込まれています。私たち設計の役割は、お客さまの要望を正確に把握し、要求通りの仕様の製品をつくること。お客さまごとにカスタマイズする製品のため、お客さまと密接にコミュニケーションを取りながら製品仕様の検討や評価・試験を行い、量産化するまでを責任を持って担当します。特に仕様の検討は、量産時の不具合を最小限に抑えるためにも非常に重要な工程であり、お客さまの要望をしっかりと組み入れることが必要とされています。

この仕事の醍醐味

私は、ルネサスのIGBTの性能は世界一だと自信を持っています。しかし、独自の構造に優位性があるとはいえ、それだけでは世界一とは言えません。私の担当するIGBTはカスタム品なので、世界一であるためにはお客さまのシステムにマッチして、もっとも良い性能を出せるように設計しなければなりません。IGBTの性能というものはトレードオフであり、たとえば耐久性と高速性をどの程度のバランスで設計するかは、お客さまのシステム次第。自信を持って提案した仕様がお客さまの要望に満たず、何度もサンプルをやり取りしながら仕様を詰めていったこともありました。お客さまと実際に顔を合わせてヒアリングし、コミュニケーションを繰り返さなければ正解は分かりません。私は今まで2つの製品を量産化まで持っていったことがありますが、苦労が大きかった分、市場に出た時には代えがたい達成感を感じることができました。

これからの成長

ルネサスで実際に働き始めるまで、デバイスエンジニアはこれほど多くの人たちとコミュニケーションを取る仕事だとは思っていませんでした。一人で黙々と設計するイメージさえ持っていたのですが、一人でできることなんて本当にちっぽけで、誰かと一緒の方が達成感も大きいのだと気づくことができました。とはいえ、自分にできることを増やしていけば、もっと大きな仕事にもチャレンジできるはず。IGBTは奥が深い分野であり、まだまだ学ぶことはたくさんあります。将来的にはモーターや車などのアプリケーションに関する技術も習得して、お客さまのニーズを先回りできるエンジニアになりたいです。

募集要項
採用データ・応募フロー
留学生採用情報
よくあるご質問
説明会・セミナー情報
人と仕事を知る
職種紹介
社員インタビュー
インド駐在社員
アメリカ駐在社員
女性社員の活躍 留学生
女性社員の活躍 子育て支援
ルネサスを知る
会社紹介
社長メッセージ
人材育成への取り組み
福利厚生
事業所紹介・地図
お問合せ
03-6773-4001
saiyou@renesas.com
トップへ戻る