機能デバイス技術開発エンジニア 解析技術
解析評価技術で開発・量産に寄与

ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング株式会社
技術統括部 解析評価技術部
2009年入社 工学研究科 機械理工学専攻 修了

仕事の内容について

解析評価技術部は、様々な解析技術を駆使して半導体ウェハまたはチップ上の“どこに”、“どのような”問題が、“どの程度”あるのかを明らかにし、得られた知見をもとに関係部門と協力しながらプロセス開発・改善に貢献しています。
その中で私は“どのような”に関わる物理解析という仕事を担当しています。物理解析とは顕微鏡や元素分析技術を用いて対象の形状や組成を明らかにし、そこで起きている物理現象を解明することです。形を見るというと「なんだ、そんなことか」と思われる方も多いと思いますが、半導体の世界では解析対象が非常に小さいこともあり、形を見るだけでも高度な技術が必要になります。当部では原子(正確には原子カラム)を見ることのできる顕微鏡を所有しており、実際に物理解析で活用しています。
また、次世代の半導体を解析するために必要な技術の開発もしています。現在私は、構造が複雑になっていく半導体を解析する上で重要な3次元構造解析技術の評価・開発に携わっています。

仕事の醍醐味と苦労について

動作不良品を解析する目的は不良原因を特定することですが、解析が必要となった状況により解析技術者に求められることは変わってきます。例えば、プロセス開発時の不良の解析では現象を深く理解するための質の良い結果が求められますし、量産している製品の不良品の解析では、その製品の開発時に起きた問題と照らし合わせ、どうすれば不良を無くすことができるのかを判断できる結果をすばやく出すことが求められます。状況に応じた仕事をすることは簡単なことではないですが、努力の結果が認められ、解析依頼部門に満足してもらえたときには大きな達成感とやりがいを感じられます。

今後の目標や夢、応募者の皆さまへメッセージ

私は学生時代、再生医療に関する研究を行っていました。にもかかわらず、ルネサスに入社したのは、就職活動を通じて半導体の世界に興味を持ち、ここならやりがいのある仕事ができそうだと考えたからです。そして今、あのときの決断は間違いではなかったと感じています。
学生の皆様にも、大学・大学院での研究テーマにとらわれることなく、自分が本当にやりがいを感じながら働くことのできる業界・企業を見つけていただきたいと思います。

PRIVATE

職場の先輩と栃木県の日光にハイキングに行った際の一枚(右端が私)。

趣味・特技

囲碁、散歩

映画・音楽・読書

どちらかといえばノンフィクションものが好きです。音楽は嗜みません。

スポーツ・習い事歴

書道、水泳、軟式野球、陸上競技

募集要項
採用データ・応募フロー
留学生採用情報
よくあるご質問
説明会・セミナー情報
人と仕事を知る
職種紹介
社員インタビュー
インド駐在社員
アメリカ駐在社員
女性社員の活躍 留学生
女性社員の活躍 子育て支援
ルネサスを知る
会社紹介
社長メッセージ
人材育成への取り組み
福利厚生
事業所紹介・地図
お問合せ
03-6773-4001
saiyou@renesas.com
トップへ戻る