品質保証
世界を股にかけ、製品の信頼性を高めていく

2011年 入社
数理物質科学研究科 電子物理工学専攻 卒

学生時代は電子・物理工学を専攻しており、薄膜太陽電池を研究テーマにしていた。就職活動では、その研究テーマと密接に関わるエネルギー関係の仕事に関心を持つ。太陽電池を構成する要素である半導体そのものの特性に面白さを感じ、半導体業界を志望。ルネサスはマイコンシェアで世界トップクラスという強みに加え、働いている人たちにも魅力を感じたため、入社を決意する。

私の仕事とミッション

私は半導体製品の開発段階での設計品質から量産時の製造品質、お客さまに出荷されてからのアフターケアに至るまで、製品に関わる全ての品質保証業務を担当しています。その中でも、納品後発生してしまった不具合調査のハンドリングおよび調査結果の報告を担っています。不具合が発生した時には、関連する各部署(設計、故障解析、論理解析、要素解析、製造拠点)と連携し、不具合原因の究明と再発防止を推進しながら、品質向上に努め、お客さまへの説明責任を果たします。また近年ルネサスでは、製品の安定供給を目指し、車載マイコンの主力である40nm世代の量産工場について「マルチファブ化」を推進しています。生産拠点が異なっていても、変わらない品質を保持できることを確認し、それをお客さまへ出向いてご説明するといった業務も担当しています。

この仕事の醍醐味

以前、車載用マイコンに搭載されるフラッシュメモリにおいて書き込みができないという不具合が発生してしまいました。お客さまからは当然のように厳しい言葉を頂戴し、ほぼデイリーで不具合解析進捗をトレースされるような状況でした。お客様の当初の印象は最悪でしたが、この事態を解決するために留意したことは、「守れない約束はしない」「お約束した報告スケジュールは必ず順守する」ということでした。車載用のフラッシュメモリは非常に微細で、不具合原因の究明にはどうしても時間がかかります。可能な限り迅速な原因究明に至る為、社内の関連部署を巻き込みながら調査を続け、お客さまとも頻繁に電話会議などで直接経過報告をしていきました。こうした真摯な対応を続け、原因究明・再発防止策までを報告できた結果、最終的にはお客さまから感謝のお言葉をいただくことができました。不具合を起こしてしまっている時点でお客さまに多大なマイナスの印象を与えてしまっている状態でしたが、最終的にプラスの印象を持っていただくことができ、大きな達成感を感じました。

これからの成長

ルネサスはグローバルな半導体メーカーであることから、海外製造拠点や海外のお客さまとのやり取りが日常的に行われています。「マルチファブ化」を推進しているため、近年では実際に海外へ出向くチャンスも増加しており、先日も中国の工場に行く機会がありました。メールや会議も英語で行われることも多く、グローバルな仕事に積極的にチャレンジすることができます。そのためにも、英語力は必須。語学の勉強にさらに力を入れていくことが直近の課題のひとつです。将来的には、半導体の最先端技術に触れられる仕事をしたいと考えています。新しい世代のマイコン製品の品質保証業務を通して、今後の成長分野であるAIなどの分野にも機会があれば挑戦してみたいと考えています。

募集要項
採用データ・応募フロー
留学生採用情報
よくあるご質問
説明会・セミナー情報
人と仕事を知る
職種紹介
社員インタビュー
インド駐在社員
アメリカ駐在社員
女性社員の活躍 留学生
女性社員の活躍 子育て支援
ルネサスを知る
会社紹介
社長メッセージ
人材育成への取り組み
福利厚生
事業所紹介・地図
お問合せ
03-6773-4001
saiyou@renesas.com
トップへ戻る