アプリケーションエンジニア
アプリケーションエンジニアの枠を破る

2015年 入社
理工学部 情報科学科 卒

学生時代は情報科学を専攻し、距離カメラの三次元再構成法について研究する。画像処理のソフトウェア開発を行うシステムエンジニアの職種を中心に就職活動を行っていたが、自動運転に興味があったことから自動車関連の業界を志望するようになり、ルネサスを知る。当初は異分野の企業に思えたというが、実はソフトウェアにも注力していて、自身の志望動機にマッチしていた点が入社の決め手になった。

私の仕事とミッション

私は自動運転・運転支援向けのSoC (System on a Chip) であるR-Carシリーズのお客さまサポートや、デモなどのソフト開発を担当しています。サプライヤーであるお客さまは当社のR-Carシリーズを採用して製品を開発しますが、お客さまが開発する製品に合わせてSoCの性能を十分に引き出すためにはさまざまな知識や調査が必要となります。私たちはそうしたお客さまの負担を軽減するために、R-Carをより使いやすくするための開発環境のパッケージ開発、および自動運転向けアプリケーションの提供などを行っています。メインの業務はお客さまからの問い合わせ対応であり、R-Carシリーズでお客さまが求めるものを実現するにはどうすべきかを、多様な機能・仕様から総合的に判断します。アプリケーションの知識だけではなく、ハードウェアも含めた幅広い知識が求められる業務です。

この仕事の醍醐味

自動運転・運転支援を実現するR-Carシリーズには最先端の技術が凝縮されています。100円玉程度の小さなチップでサラウンドビューやディープラーニングが作動しているのを見ると、今でも素直に感動を覚えます。その一方、車載向けSoCは機能が多様であり、その一つひとつに高い精度が求められます。困難を乗り越えながら最先端の技術を扱い、ソフトウェア技術者として自動運転の実現に貢献できるのは、この仕事の醍醐味です。また、新しい知識を学ぶという点においても当社の環境は魅力的です。各分野において、まるで「歩く辞書」のように知識レベルが高い専門家がおり、日常の業務の中で彼らの知見に直接触れることができます。さらには海外のお客さまのシェアも高いため、当社のヨーロッパの拠点と協力することもあり、世界でも最先端の技術を学び続けることが可能です。

これからの成長

入社以前は、アプリケーションの開発がメインの業務なのだろうかと漠然と想像していましたが、実際にはお客さまがアプリケーションをつくるために必要な環境を提供することが主なミッションでした。ですが、それは前向きな意味でのギャップであり、ハードウェアの理解や組み込みソフトなどの知識を得ることができ、エンジニアとしての視野が大きく広がりました。車載向けSoCの世界は広大で、すべてのことを理解している人は存在しません。ほかの人が知らないことを知っているスペシャリストが重宝される世界です。私も、今後は開発プロセスやボードなどの知識も深めていき、スペシャリストとして自身の価値を高めていきたいです。

募集要項
採用データ・応募フロー
留学生採用情報
よくあるご質問
説明会・セミナー情報
人と仕事を知る
職種紹介
社員インタビュー
インド駐在社員
アメリカ駐在社員
女性社員の活躍 留学生
女性社員の活躍 子育て支援
ルネサスを知る
会社紹介
人材育成への取り組み
福利厚生
事業所紹介・地図
お問合せ
03-6773-4001
saiyou@renesas.com
トップへ戻る