デバイスエンジニア
育児もキャリアもあきらめない、女性エンジニア

2006年 入社
理工学部 卒

学生時代は理工学部に在籍し、研究室ではハードウェア記述言語とシステムレベル記述言語について研究する。その知識と経験を生かせる仕事を考え、半導体の設計・開発エンジニアをめざす。一方、結婚・出産後も仕事を続けたいという思いを持っており「女性が働きやすい会社」を探すなか、もっともその可能性を感じられたルネサスへと入社を果たす。

私の仕事とミッション

IoT時代を迎えた今、大きな注目を集める通信無線技術「Bluetooth Low Energy」(BLE)。ルネサスではヘルスケア領域やフィットネス領域などに向けて、BLEを組み込んだチップとモジュールから成るワイヤレスソリューションを展開しています。 私が現在手がけているのは、このBLEに関わる開発業務です。その中でも特にデジタルフロントエンド設計に携わっています。具体的に言うと、チップ全体の電源制御や省電力制御、アナログ制御をつかさどるブロックの仕様検討・設計・検証を担当しています。 さらに私はこの開発チームにおいて、チップ全体の制御系技術の責任者となっており、顧客の要求を満たすようなBLEの開発を実現し、品質を保証することがミッションです。

この仕事の醍醐味

私は、2014年に産休を取得して長男を出産しました。その後、約1年間の育休期間を経て、2015年春に復職したのです。育児中の女性はどうしても働く時間に制約が出るケースが多いと思いますが、ルネサスでは実力があれば責任ある業務を任せてもらえますし、限られた時間でも業績を出せばきちんと評価もしてもらえます。事実、私はこれまでの成果が認められて、制御系技術責任者のポジションに就くことができました。このように、裁量の大きさを感じられるルネサスならではの風土が、仕事のモチベーションにもつながっていますね。 また、育児関連の社内制度も整備されていますし、2017年からは在宅勤務制度も導入されています。息子の急な病気・怪我の対応のために、当日でも在宅勤務に切り替えることができますし、有給も取得しやすい環境です。周囲の理解も深く、会社の子育て支援も拡充されているので、安心してキャリアを積むことができる会社だと思います。

これからの成長

まだまだ息子も小さく、週に1〜2回は在宅勤務を利用し、遠隔で業務に従事しています。幸いなことに開発業務はPCさえあれば自己完結できる部分も多いですし、チャットツールを利用すれば自宅でもチームメンバーと打ち合わせができます。現在のワークスタイルにはとても満足していますね。ただ、技術の進化スピードは非常に速いため、現状に甘えることはせずに、知識のインプットも徐々に増やしていきたいと思います。 今後は、現在の担当業務のスキルを向上させていくことはもちろんのこと、設計したチップの評価や、選別テストに関する業務も経験してマルチスキルのエンジニアを目指していきたいです。

トップへ戻る