情報システム
情報システムで会社の意思決定に貢献

2017年 入社
外国語学部 卒

大学では異文化コミュニケーションや心理学を学ぶ。海外で暮らしていたこともあり、就職活動では、メーカーや商社を中心に日本と海外の架け橋になれる企業を志望。ルネサスは、日本を代表する半導体メーカーで世界シェアを広げているところに惹かれ、入社を決意。情報システムの仕事が強みである英語を活かせることと知り、この職種を志望。現在は、ワールドワイドのユーザーをサポートするシステムの運用・保守を担当している。

私の仕事とミッション

私のミッションは、社内の重要なデータを集める「BI (Business Intelligence)」を利用するすべてのユーザーがより快適に利用できるよう、環境を創っていくことです。「BI」は会社の売上や受注、在庫など、ビジネスには欠かせない重要なデータを収集するシステムです。「BI」で扱うデータは経営層を含め、国内外を問わず全社に提供され、会社の意思決定に活用されていきます。この「BI」の運用・保守・トレーニングが私の仕事です。

この仕事の醍醐味

「情報システム」と聞くと、数字やプログラミングができないといけないという先入観を抱きがちですが、実際はユーザーとシステム開発者の間に入り、コミュニケーションを取ることが重要な仕事になります。そのため、「どう表現したら相手に伝わるか?」を考えながら日々業務をこなしています。「BI」のシステムは、私が入社した年に導入したため、より多くのユーザーに正しくシステムを利用してもらうことが課題でした。私は「BI」を普及させるためにユーザートレーニングを担当し、国内外のユーザーに向けて教育計画を立て、トレーニングを実施しています。トレーニングを受けたユーザーからトレーニングで習ったノウハウを業務に活かせているとコメントいただいたときは、やりがいを感じます。入社1年目の終わりには、アメリカとアジアの販社へ出張し、現地でのオンサイトトレーニングも実施できました。「BI」を利用するユーザーからは様々な問い合わせも届きます。ユーザーの3分の1は海外の方なので、英語の問い合わせも頻繁に対応しており、英語力を活かせています。時には難しい質問もありますが、ユーザーの質問の意図を正確に読み取り、日々の業務で得たITの知識を活用して、困っていること対して適切な回答を与えられたときは一番嬉しい瞬間でした。

これからの成長

「BI」は経営層から大きく注目されています。今後は、より多くの方々に「BI」を快適に利用してもらい、会社の業務改善に貢献したいと思っています。そのためにも、さらにIT知識を身に着けることを心掛けています。また、国内外のユーザーとコミュニケーションを取って、現場の真のニーズを理解することで、より快適な「BI」に改善していきたいと思います。

募集要項
採用データ・応募フロー
留学生採用情報
よくあるご質問
説明会・セミナー情報
人と仕事を知る
職種紹介
社員インタビュー
インド駐在社員
アメリカ駐在社員
女性社員の活躍 留学生
女性社員の活躍 子育て支援
ルネサスを知る
会社紹介
人材育成への取り組み
福利厚生
事業所紹介・地図
お問合せ
03-6773-4001
saiyou@renesas.com
トップへ戻る