デジタル設計・基盤技術開発/マイコン
40nmマイコンの「顔」を決める

ルネサス システムデザイン株式会社
第四開発事業部 バックエンド設計第二部
2013年入社 情報知能工学専攻 修了

仕事の内容について

バックエンド設計部は、130nm、90nmから先端プロセスである40nm世代のマイコン製品開発に取り組んでおり、変化する市場のニーズに沿った製品仕様の実現と、約束した期限までにマイコンチップをお客様に届ける責任の一旦を担っています。
また、マイコンチップ上にフラッシュメモリやアナログモジュールなどの部品の配置や、電源・信号線の配線を行う仕事もあり、多くの出荷数が見込まれるマイコン製品では、1つのチップをどれだけ小さく作れるかが勝負となります。時には品質やコスト面で他社と競争することも重要です。
先端プロセスの採用、チップサイズの縮小化、低消費電力化。マイコンの製品設計では、技術者として挑戦できるステージがたくさんあります。これが正解!という答えがないため、何事にも日々改善を試みる粘り強さが求められます。

仕事の醍醐味と苦労について

マイコンチップの「顔つき」を決めるバックエンドの仕事はパズルのようなものです。例えば、アナログモジュールはノイズ源(発振器モジュール等)と近づけてはいけない、ESD(Electro-Static-Discharge)対策の保護素子を数Ωの間隔で入れる・・といったルールを守りつつ、どう配置すれば良いかを何度も議論し、チップレイアウトを検討します。お客様と約束した期限までに製品を作る責任があるため、バックエンド工程に割り当てられる数か月の間にどれだけのことをやり切れるかを考えます。最終的に「これ以上のチップは作れない」という自信を持って工場にマスクデータを渡したい、というエンジニアとしての意地が、日々の業務を充実させているのかもしれません。

今後の目標や夢、応募者の皆さまへメッセージ

電気系ならアナログやデバイス知識、情報系なら設計を効率良くするためのプログラムが書ける、英語が得意なら海外設計拠点との架け橋になる・・。学生時代の得意分野や専門知識は業務にきっと役立ちます。社内でも得意不得意分野は人それぞれ異なりますが、スタート地点では大きな差はないため、入社後の努力次第で自分に合った道を切り開いていけると思います。

PRIVATE

マイブームのボルダリングです。休日は都内のボルダリングジムに通い、半日近くやっていることも。

趣味・特技

休日はスポーツ(フットサル、テニス、ボルダリング、山登り等)三昧です。会社では3つのディスプレイと睨めっこをしているため、休日に体を動かし、汗を流すことはストレス解消になります。設計拠点である武蔵事業所(東京都小平市)は東京都心へのアクセスもいいですが、高尾山といった自然へも電車一本で行けるため退屈はしません。

募集要項
採用データ・応募フロー
留学生採用情報
よくあるご質問
説明会・セミナー情報
人と仕事を知る
職種紹介
社員インタビュー
インド駐在社員
アメリカ駐在社員
女性社員の活躍 留学生
女性社員の活躍 子育て支援
ルネサスを知る
会社紹介
社長メッセージ
人材育成への取り組み
福利厚生
事業所紹介・地図
お問合せ
03-6773-4001
saiyou@renesas.com
トップへ戻る