先端実装技術開発エンジニア
完成品をトコトン評価する

ルネサス エレクトロニクス 株式会社
生産本部 実装技術開発統括部 パワーパッケージ開発部
2009年入社 総合理工学研究科 材料物理科学専攻 修了

仕事の内容について

私は現在、自動車向けインテリジェントパワーデバイスを搭載するパッケージの開発を担当しています。
パッケージとはシリコンチップを収納するケースで、チップを保護するだけでなく、お客様のシステムとのインターフェースとして、その機能を最大限に発揮させるための役割を果たしています。つまり、チップの特性を生かすも殺すも最終的にはパッケージの技術にかかっているということです。
私は日々、使用する材料や工程で扱う装置に精通したスペシャリストと密に連携して、お客様にとって魅力的になるように技術をパッケージに結集させることを探求しています。具体的には、小型、コスト、信頼性はもちろん、製品動作時チップの熱を逃がせるか、お客様が扱い易いか、など探求すべき点は枚挙に暇がありません。材料と装置の長所と短所を理解した上でパッケージの構造および工程を設計して、完成品をトコトン評価することがパッケージ開発技術者の仕事です。

仕事の醍醐味と苦労について

日頃、限られた開発期間でアイデアを形にするため関係者とワイワイガヤガヤ試作評価を行い、お客様が満足できるデータの積み上げをしています。この作業は決して華やかではありませんが、もともと学生時代から、シミュレーションソフトや解析装置の取り扱いが好きだった私には向いていて、醍醐味を感じています。
一方でパッケージ開発の取り纏めとして、起こり得る問題の列挙、その対策の準備をするように心がけていますが、それでも思わぬ問題が生じて挫けてしまいます。そのようなときは、開発した製品が自動車や電化製品に搭載されることを想像し自分を奮い立たせて、また一歩ずつ開発を前に進めていくための原動力にしています。

今後の目標や夢、応募者の皆さまへメッセージ

「成功循環モデル」という考え方があります。これは①関係の質(お互いに尊重し一緒に考える)、②思考の質(気づきがある、面白い)、③行動の質(自分で考え、自発的に行動する)、④結果の質(成果が得られる)、⑤関係の質(信頼関係が高まる) で構成されています。開発はもちろん、物事を進めるには①からはじめることが重要です。就活では自分の魅力を④だけで示しがちですが、①から話してみて下さい。魅力的に見えますよ。

PRIVATE

仕事が一段落した際、同僚と本気でリフレッシュしているときの写真です。

趣味・特技

週末はバイクでちょっと遠出(社会人になってから免許取得)

映画・音楽・読書

アクション映画・ロック全般・ミステリー小説

スポーツ・習い事歴

中学(バスケ部)、高校(バスケ愛好会)、大学(スポーツせず)、社会人(ジム通い)音楽、習い事歴なし。

募集要項
採用データ・応募フロー
留学生採用情報
よくあるご質問
説明会・セミナー情報
人と仕事を知る
職種紹介
社員インタビュー
インド駐在社員
アメリカ駐在社員
女性社員の活躍 留学生
女性社員の活躍 子育て支援
ルネサスを知る
会社紹介
社長メッセージ
人材育成への取り組み
福利厚生
事業所紹介・地図
お問合せ
03-6773-4001
saiyou@renesas.com
トップへ戻る