プロセス技術エンジニア
装置改善によって生産性を向上させる

2008年 入社
工学系研究科 電気工学専攻 修了 卒

学生時代は、半導体製造技術を用いたMEMS(マイクロマシン)の研究に従事。就職活動では、これまでに培ってきた知識や経験を生かせる場として半導体メーカーや電機メーカーなどを志望。ルネサスにはOBの方々も多く、入社後の働く姿が想像できた点に加え、最終製品をイメージしながら業務に携わることができる点に魅力を感じ、入社を決めた。

私の仕事とミッション

私は、ルネサスの工場に設置されている半導体製造装置の改善業務と、装置の異常診断技術の開発業務を担当しています。これらの業務を通し、工場自体の生産性を向上させることが私のミッションです。装置改善において、アイディアの検討から機構設計、実験から改善施策の実施まで、一連の流れを任されています。 私が所属しているプロセス装置技術部は特定の工場直属の部署ではなく、複数の工場を横断した組織となります。ですので、茨城、愛媛、熊本などの全拠点・工場の製造部や生産技術部から相談を受けながら、装置の改善を進めていきます。また、各拠点・工場の改善事例を他の拠点にスピーディに展開するという役割も担っています。これらの業務を通して、すべての装置トラブルを未然に防ぐ為に、その予兆を捉える監視技術・診断技術を開発、及び発展させていくことが、めざすべき最終目標です。

この仕事の醍醐味

半導体を製造する中で、「ウェハー処理」と呼ばれるプロセスがあります。これは、「ウェハー」と呼ばれるシリコン基板の上に集積回路を作りこむという工程です。この「ウェハー」を研磨する装置があるのですが、この装置には特定の異常を検知する機能がありませんでした。そうした事象に対して研究・検証を行い、異常を検知する機能を新規に追加、生産効率性を高める技術の開発に成功しました。この技術はルネサスの半導体製造の生産性を向上させるもので、特許を取得し、学会報告も行いました。自ら生み出した技術が特許になり、会社全体だけではなく業界でも注目される。この経験は自分にとって大きな自信につながりました。 また、実際に量産で使用している装置に改善施策を行っていくため、改善が悪影響を与えないか、慎重に考えて開発を進める必要があります。しかし、そうした壁を乗りこえて、改善が成功したときには大きな達成感を得られますね。

これからの成長

最近、第一子が生まれたこともあって、仕事と家庭の両立を図りながらキャリアを築いていくことが第一の目標です。上司を含め、周囲の仲間たちの理解もあり、現在はほぼ残業することなく帰宅しています。ですので、育児にも積極的に参加できていますね。また、結婚休暇や配偶者出産休暇なども会社が用意しているので、大きなライフイベントがあった場合でも、プライベートにきちんと時間を当てることが可能です。 仕事面で言えば、これからも学会発表や特許取得に繋がるような創造的な仕事を定期的に行っていきたいと考えています。特に、最近注目を集めている人工知能を取り入れた技術開発を手がけてみたいですね。

募集要項
採用データ・応募フロー
留学生採用情報
よくあるご質問
説明会・セミナー情報
人と仕事を知る
職種紹介
社員インタビュー
インド駐在社員
アメリカ駐在社員
女性社員の活躍 留学生
女性社員の活躍 子育て支援
ルネサスを知る
会社紹介
社長メッセージ
人材育成への取り組み
福利厚生
事業所紹介・地図
お問合せ
03-6773-4001
saiyou@renesas.com
トップへ戻る