デバイスエンジニア(デジタル製品開発)
半導体の"限界"を突破する

2012年 入社
工学府 物理情報工学専攻 修了

大学時代では物理学を学び、卒業論文・修士論文で半導体をテーマに扱ったことから、半導体業界を志望。半導体は「産業の米」と呼ばれ、社会的に大きな影響力を持つことにも魅力を感じていた。ルネサスには同じ研究室出身のOBが複数名おり、就職の相談も乗ってもらったことから親近感を抱いた点も入社の決め手となった。

私の仕事とミッション

私が担当しているのは、自動車部品メーカーに納入している車載向け半導体のレイアウト設計です。車載向け半導体が正常に機能するように、シリコン基板上にトランジスタや配線をどのように配置するかを検討し、ノイズや静電破壊、消費電力、クロック周波数など、顧客と設定した目標に届くように無駄のないレイアウトをつくっています。つまり、論理設計者が作ったロジックが、問題なく動作するように物理設計を行うこと。それが私のミッションとなります。 上記のように担当業務はさまざまあるのですが、現在注力しているのはクロックの設計です。デジタル回路は「クロック」と呼ばれる信号がトリガーになって電気信号が伝搬していきます。しかし、クロックの品質が悪いと信号の伝搬が狂い、消費電力も増加してしまいます。そうした事態を引き起こさないように、精度の高いクロック設計を手がけています。

この仕事の醍醐味

ソフトウェア設計や論理設計とは異なり、私が手がけている設計には「物理的な限界」というものが存在します。ですので、「やれば必ずできる」とは言い切れないところがこの仕事の難しい点です。そのためには、設計を始める前に「限界を見定める力」や「先を見通す力」というものが比較的必要とされる仕事だと感じています。社内で2ヶ月に1回程度開催されている技術報告会に参加して新たな知識を得たり、独学で学んだりする中で自己成長を実現し、その力を養っています。実際に、事前に予想した問題に対策を練り、後々ずばり的中したときは我ながら誇らしい気持ちになりますね。 また、車載向け半導体の技術力に関しては、ルネサスは世界でもトップクラスだと思います。近年は海外の顧客も増えていますし、海外の協力会社も多いです。国内で完結する仕事だけではなく、グローバルな仕事を手がけられる点は、仕事の醍醐味の一つと言えます。

これからの成長

現在携わっている業務の中で多くの経験を積み、ノウハウを蓄積していくことで、レイアウト設計の技術をとことんまで突き詰めていきたいと思います。物理限界ギリギリまで半導体の性能を引き出せる技術者になり、ルネサスを牽引できる存在になることが今後のビジョンです。 上記のように、現在、車載向け半導体は消費電力もパフォーマンスも限界に近づいているという実感があります。先輩や同僚など周囲の協力も得つつ、それを突破できるような「ブレークスルー」となる技術を生み出していくことも実現したい目標ですね。

募集要項
採用データ・応募フロー
留学生採用情報
よくあるご質問
説明会・セミナー情報
人と仕事を知る
職種紹介
社員インタビュー
インド駐在社員
アメリカ駐在社員
女性社員の活躍 留学生
女性社員の活躍 子育て支援
ルネサスを知る
会社紹介
社長メッセージ
人材育成への取り組み
福利厚生
事業所紹介・地図
お問合せ
03-6773-4001
saiyou@renesas.com
トップへ戻る